■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2022年10月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

近況なんか
ローアングラーwww

 先日とろQ先生が来訪されました。
 主な用事はコミケカタログCD-ROM版の購入のために宇都宮へ行くついでにその植民地である当地へ立ち寄られたということなのですが、予定を聞かれた際にボクが口を滑らせたのか朝貢品(おみやげ)を要求したよう受け取られてしまったようで、不幸にもとろQ先生はそれを覚えていたらしく朝貢品(おみやげ)を頂いてしまうことになりました。
 まあ言ってる方も持ってくる方もお互いにネタであった可能性が高いのですが。
 イベント関係の作業をしていたいくみたんと共にとろQ先生の眩しいホワイトのコペンを迎えてボクの自宅で歓談。

 して、その朝貢品とわ?。
 とろQ先生も空気を読んでいてねんどろいどぷちのらき☆すたシーズン1を4つほどもらいました。
 ボクはこれでも頑なな2次元原理主義者を自称しておりまして、タリバン同様に偶像崇拝を否定しております(単に部屋が汚いので埃まみれになってバラバラ殺人事件のように打ち捨てられるのがヲチなので)。
 これまでもフィギュアなどの次元に関してはできるだけ関わらないようにしてきたのです。自爆テロまではいきませんでしたがw。
  ですが去年辺りにねんどろいどとかFigmaなんかにはこれまで貫き通していた信念がぐらついたりして、原理主義を打ち捨てようと思った時期もあったりしました。
 ねんどろで遊びたい時期が確かにありました。
 でもそれでも信念を持ち続けて偶像崇拝を否定し続けてきました。
 だが、とうとう原理主義路線の変更を余儀なくされる事になりました。
 ねんどろの箱を開けてしまったその日から。
 ・・・つうわけで4のねんどろですが、見事にかがみんが居ないという素晴らしい結果となりました。
 でもまあいいやつかさがいるからいいや。
 かわいいかわいいオレのつかさ。
 ピンク・・・なんだっけそれ。


 歓談後。
 さすがにコペンに3人乗るのは難しそうなのでイクミたんのクルマで宇都宮=フェスタへ。
 これまでの間、深刻な財政危機だったため唯一の趣味であった設定資料集集めやアニメムックの購入すらままならなかったのですが、先月あたりより財政事情が好転してきたのでiphoneやら(これは仕方ない出費です)中古AVアンプ+5.1chスピーカーシステムやらONKYOのサウンドカードやら(これも仕方ない出費です)不要PC複数台を話題のパソコンファームに引き取ってもらうために東北道・外環往復を自走(明らかに仕方ない出費です)、念願のANS-9010とかDDR2 2GBx2枚セットなど(将来的には仕方ない出p)、やっとヲタクインフラ設備投資へと資金が回せるようになりました。
 
 この度のとろQ先生来訪時にも彼の方予定であるCD-ROMカタログ購入のために当然のごとくアニメイトへと向かうわけでして。
 ついでにフェスタB1Fのメロブへもよります。

かってきたもの。

●みなみけ(1~5巻)

コハル先生の原稿の白さっぷりと言ったらもう・・・

 今頃何故みなみけなのでしょうか?。
 11ヶ月くらい単行本買うのが遅いですね、オレ。
 丁度去年の今頃はみなみけCG集の制作をしていた時期だったのですが、作業の渦中では原作など読んでいる余裕が実は全くなかったりして原作すらまともに読んでない状態で制作をしていたわけです。
 おまえ本当にみなみけ好きだったんかい!、ってツッコミや批判は真摯に受け止めます。
 ・・・制作前段階で読んでおくのが理想なのですがね・・・あの時は今日の5の2とどっちがいいか秤にかけていた状態でして・・・。
 絵を描き始めるとスキとかキライとか関係なく作業を終わらせるためだけに書き続ける事となってしまいますので。
 約1年という間、遠回りしたけどやっと細かい設定の答え合わせする機会が訪れましたよ!!。
 まだ開封前ですがとりあえず言って御くべ事は。
 2巻くらいの画風が好みです。

●もっといっしょにとれーにんぐ ひなこのほん

鉛筆線いい

 コイツとろQ先生と行った時に買ったわけではないのですが、もののついでに。
 これはよいです。
 ムック本としては1400円と安めなのでページ数とか微妙だったりしますが、とにかくよいです。
 今年は後半よりSAIの本格導入により咲のデジコミ風CG集を作りましたが、やっぱり鉛筆線は味があってよいですね。それを後述の咲のムック本を見たときにも同様に思いました。
 また鉛筆線で描いてみようかな、と思ったりしました。
 ほぼ一瞬しか出てこなかったひなこが出演しているというアニメの他のキャラの人も描き下ろされていたりしたので、それはそれでそれなりに設定してあるんだなと。

●咲-Saki- OFFICIAL FAN BOOK

咲さんには今年大変お世話になりました。

 高い。
 2300円は高い。
 ムック本は2000円くらいになると極端に”これは高い”印象を受けますね。
 まあこれはボクの価値観の問題なのですが。
 高いのですが今年はCG集でもお世話になったので発見後即購入しました。
 ゴンゾにも少しはお金が行くのでしょうかねえ?。そうなることを願います。
 megamiマガジンとかアニメグラビア雑誌に載っていた版権画はほぼ掲載時の原寸に近い状態で収録されているので高い分だけ満足度は高いと思います。
 若干数1/4くらいの大きさでの収録となっているものがあるのが残念です。どうせなら申し訳程度で付けてる使えない設定資料集なんかいっそのことすっ飛ばしてでも版権画を大判で載せて欲しかったです。
 でもできるだけ大きく載せようと頑張ってる姿勢がありありと見えるので好感が持てるページ作りだと思います。
 モノクロページの設定資料集なんかあの程度というかあの大きさで何をしろというのか?。ムック本とは別に設定資料集単体でMOVIC辺りから出してくれることを切に願っています。ホントお願いします。
 
●PHANTOM THUNDER

若先生の著作が知らぬ間にこんなに一杯・・・

 なんなんでしょうね。
 東方とか全く知らないのですが。
 若先生の描くキャラが好きです。SAIあたりで描き殴ったぽいのでも妙に味があります。
 シュールというか時々支離滅裂カオスな展開になるのが好きです。どちらかというと東方以外のネタの方が好きだったりしますが。
 ともあれ若先生のマンガはアタリハズレが大きい気がします。
 作品世界を知ればもっとアタリ率が高まってくるのでしょうか?。
 微妙なことを言っているくせになんだかんだでついつい買ってしまうほど常習性があります。

 とりあえず生存報告的に近況(というか買った本レビュー的なもの)などを書いてみました。
 イベント関連作業もそろそろ終結しそうな感じになってきたので、やっと絵描きができるのでしょうかね?。
| ヲタク::モノ | 04:21 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑