■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2018年11月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

音響環境改良
とりあえず全部入り的な

 最近絵描きどころではなくなっているまきのです。
 すみません。
 前回のiphoneの件もそうですがなんだかよく解からない間によくわからない出費が増えてしまっていてコレは浪費以外の何者でもない気がしないでもないのですが、とりあえずは知らんぷりをします。
 あーしらんしらん。
 つうわけで。
 先日yann氏宅で彼が新聞屋からもらった発砲酒350ml缶1ダースを2人で半ばまで攻め立てていた時の話。
 かなり酒が回っていたのですが、なんかの流れでyann氏が持っていた昔のCD(主にB'z)を聞く機会がありまして、前々から思っていたのですがアンプを通して聞く音っていいよね~なんてベロベロに酔いながら認識した次第でして。
 彼ん家のオーディオ環境も決して素晴らしいものでもなくとりあえずそれっぽいエントリー機が入っているだけなのですが、それでもアンプを通して聞く音とウチのPCのサウンドカードを通して聞く音では圧倒的な違いがある気がして仕方がないのですよ。
 いままでなんとなく「やっぱ音聞くならアンプとかあったほうがいいのかな」とも思ったりしたのですが、オーディオヴィジュアル世界のオカルトっぷりばかりが目に付いたりしてもいたので「アイツらみたいなオカルトにはオレはハマらないぜ!」とあくまでPC上でそれなりの音響環境づくりを模索してきたつもりなのですが(それ自体が微妙)、件のyann氏宅の安物アンプでも今のオレにはありがたみがあるのではないかなどと思ってしまったわけで。


 ちなみに今までの音響環境は

かつてのAV(部屋)環境

 サウンドカード : Creative SoundBlaster Audigy value
 スピーカー : Creative Inspire T6100(5.1ch)

 というCreative信者だったわけです。というかAV世界を知らないPC出身のオレが行き着く先がここだったというだけでして。
 PCで音聞くならコレくらいがいいだろ、と。
 そもそも音に関してそんなに敏感じゃないオレだったりして、その辺の感覚はイクミたん氏の方が詳しかったりして彼に指摘された音の違いが何気に解からなかったりしたりしたことが多々あったりしたので、オレみたいな音響メ○ラはオーオタ様のような素晴らしい感覚に恵まれてないからそれっぽい音響環境があれば騙されるんじゃないかと思ったりもしています。
 要はPC屋さんの音響環境から脱却して安物でも音響屋っぽい環境が構築できればオーオタ的な満足感を味わいたいかな、と。

 そこでそのくだらない自己満足の世界に投資する金額をできるだけ減らすために、御馴染みのハードオフ/オフハウスへ向かいます。
 前々からハードオフ(オフハウス)とかでAV屋さんのモノが結構あるのを微妙なリサーチしていたりしたので、今こそそのリサーチ能力を発揮しようではないか。
 ・・・と思いつきで来たインターパークのオフハウスにたまたまそれっぽい中古品があるではないですか。

 っていうか以前からふらついていたりしてモノを確認していたりするので確信犯だったりするのですが。
 まあ単にアンプっぽいのが欲しいだけなので「PCとつなげるAVアンプ」みたいなのが欲しかったのですが、現物があったのはもう少し上のモデルでした。
 DENON DHT-310 +純正 スピーカースタンド×4
 スピーカースタンドがえらく格好ええ(AVヲタ的)感じがして2万弱で即ゲット。
 yann宅も同じようなアンプだった気がしたので余計に。

 このアンプ+スピーカー(+スタンド)を手に入れた後に気づいたのですが、PCのサウンドカード(SoundBlaster Audigy value)には光入力がないのです。
 ・・・しまった!!。
 これは盲点だった。
 インターパークから急遽宇都宮市内を目指します。
 やってきたのは多分店員に「いつもの客だ」と絶対に思われているだろうヲタ県民の憩いの場・ヨドバシカメラ。
 週に3回くらい通うことが多々あるというのはやはりマズいですかねえ。
 ヨドバシ6FのいつものPCパーツコーナーでサウンドカードを物色。
 Sound Blaster X-Fi Titaniumとかいう光入力付きのがいい12000円程度で売っていたのですが、それから数千円プラスするだけでかのONKYOのSE-200PCIに手が届くのではないですか。

よくわからんがONKYOすげえ!

 しばらく迷った挙句、ポイント全部吐き出して約半額にてSE-200PCIを購入。
 購入の決め手は今のAV担当PC様のグラボが実質2スロット分になっていて、PCI-Eに挿すCreativeのカードはグラボとの干渉問題が起こるので厳しいのではないかと。
 あのまさしん先生も使っているというONKYOのサウンドカード。
 これはステータスの証。
 ちょっと奮発してしまったがためにこの後面倒な事になるのですが。

禁書コミックみんな買ってしまった・・・

 そんなわけで思いつきで場当たり的に買ってきて机の上にぶちまけたりしてさてこれからどうしようか配線めどいなーなどとと酒を飲みながらダラダラしていたのですが、アンプが動くかどうか仮組みしてみようから始まって、

 サウンドカード交換しなきゃ光接続できない→どうせならyann氏からもらったRADEON X1650に交換するし(この時点で先程のヨドバシでの逡巡は意味なし)→うわ!なんかX1650ってWin2Kに対応してねえし!→しゃーないから元に戻すし→戻しても解像度が戻んないし!→んじゃXP Home Editionにアップデートだし!→Win2Kからのアップデートできねえし!→XP Homeの通常インストール→PV4とかの設定とかめど過ぎだし・・・。

ファンはグリス切れで騒音が出てるので交換しました"

 とまあ普段手を入れていない環境を無闇にハードウェア構成を変えるとろくな事がない、という都市伝説にもろに入り込んでしまったわけでして。
 結局XP Homeをインストールしたのは次の日になってからでした。

アンプの置く場所ないし!

 その後もサウンドカードとアンプの設定で苦労して、色々と試行錯誤した挙句サウンドカード側でEAXをオンにしないとアンプ側のサラウンドも5.1chも使えずに2.1chでしか出力されないんだな、とかAC3では音が出ねえんでPCMで出すしかないらしい(知識不足w)と言う感じでとりあえず運用することができました。
 よく解からないことがあるけど、とりあえずそれっぽくなったからいい事にします。

センスのいいスタンドとセンスの悪いゴミ袋

 色んなモノを入れ替えてしまったので、個々のモノがどう違うのかよく解かりません。
 ただ、言えるのはオレみたいなAVツ○ボでも音の解像度(っていうんスかねえ)が上がってる気がします。
 そして時々いつも聞いている曲なのだけど何故か聞いた事のない音が聞こえたりすることがあったりします。
 何ですかこの音の広がりは。
 こんなエントリー機の音でもすげえと思えるくらいだったので、お前はどんだけAVツ○ボだったんだよ、と自らの耳の貧困さを感じずにいられません。
 とうとうあのオカルト世界への第一歩を踏み出してしまったのでしょうか?。
| ヲタク::モノ | 10:05 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑