■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2017年12月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

タブレットコレクション(1) intuos Pro Large ~大判板タブの使い心地は~
とうとう夢のLargeモデルが

 どもです。
 (今のところ)ワコムタブレットコレクター・まきのです。
 歴代Photoshopシリーズもなんだか中途半端な感じになっているところですが、また思い付きで歴代のワコムのタブレット(主に板タブ)を勝手に紹介していくことにしました。
 これまで新旧合わせて結構な数のタブレットを集めてしまっていることに気が付いてしまい、またそれなりの福沢先生も飛んで行ってしまったことに愕然となりながら、そのお亡くなりになった福沢先生の供養のためにも集まってしまったタブレットのインプレッションっぽいことをしてみようと思い立った次第です。

 さて。
 ワコムのフラッグシップ機種が伝統の板タブからタブレット機種であるモバイルスタジオ(モバスタ)へ移行し、筆圧8192階調が液タブに最初に搭載されるというワコム史上においてターニングポイントともいえるような状況になっているのではないかと思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?(意味不明)。
 Bluetooth搭載でかなり値段の上がったIntuos Pro(新)シリーズが発売され旧モデルの需要が増えてしまい、中古市場はintuosProからIntuos5やIntuos4までもが高騰し、以前に板単体だけで手に入れたIntuos5(PTH-650)の価格では到底手に入らない状態となってしまいました。
 単に絵を描く分にはBluetoothだの8192階調だのはあまり関係ない
 ぶっちゃけ新Smallサイズの価格が旧Midiumサイズの価格に限りなく近くなっているというワンランク上の価格帯となってしまったので、中古価格の高騰は仕方ないところでもあります。
 Bluetooth搭載などによる価格の上昇はともかく、オーバーレイシートの張り替えがユーザ側でできるように戻った点だけは評価してよいところであります。
 やはりオーバーレイシート張り替えが修理扱いになることはワコム社内でもかなりの問題になったのでしょうね。

 それはともかく。
 昔書いた「タブレットまとめ」のエントリにおいて、大きなサイズの板タブは持っていないので試していない云々・・・というようなことを書きましたが今回、やっと大判板タブを手に入れることができました!。
 それがこれ。
 Intuos Pro(旧) Largeモデルです。


続き▽
| ヲタク::PCとか | 04:41 PM | comments (x) | trackback (x) |
Razer Orbweaver
今更ながら。

 まきのです。
 結構時間が経ってしまいましたが、昨年のコミケに液タブPCのCPUとマザーを中古で手に入れたのですが、正月休みに絵を描いていた時にメモリ不足を痛感し、8GBだったメモリを16GBに増設しました。
 まあ液タブPCはサブのくせにメインPC並のスペックになりつつあるというのは軍拡主義に陥っている気がしますが、これも一重に絵描きの効率化のためだと信じて無駄投資を黙認しているわけです。
 そのうちしっぺ返しが来るなこれ・・・・・・。
 それはともかく。
 メモリ増設のついでに左手デバイス近代化の検討のためにRazer Orbweaverを買ってみることにしました。


続き▽
| ヲタク::PCとか | 01:00 AM | comments (x) | trackback (x) |
Windows8.1とIntuos4とCintiq13HDとPhotoshopCC(2014)と
とうとう8.1になったww

 まきのです。
 このたびは、不本意ながらWindows 8.1へとアップデートする運びとなってしまいました。
 これまで頑なにWindows 8.1へのアップデートへの誘いをお断り申し上げて参りました所、最近のWindows 8.1のアップデートは露骨になってきまして、作業(絵描き)の最中にも全画面にアップデートのお誘いをする始末。
 思わず左手デバイスのEnterキーに割り当てているボタンを押してしまいましたので、絵描きの最中にWindows 8.1へのアップデートを行うことになってしまいました。
 おのれマイクロソフト。


続き▽
| ヲタク::PCとか | 05:02 PM | comments (x) | trackback (x) |
ディスプレイ入力切り換え&アーム
直近のPCモニタ環境
 どもです。
 液タブを使っている時でも板タブ(=メインPC)を使っているみたいに動画やCSを見たい!、と思うことがありました。
 というかそれがごく自然なことなので、できないと困ります。
 それなので板タブPCのサブモニタ(S2410W)を従来のメインPCのサブと液タブ使用時にはサブPC用メインモニタとして使えるようにしようと思います。
 ですが新たにモニタを追加するのはもはや今のスペースでは無理なので、既存のモニタを使うことにします。
 幸いメインPCサブモニタが2系統のDVI入力に対応しているので、これにサブPCのメインモニタ入力を繋ぎたいと思います。


続き▽
| ヲタク::PCとか | 11:59 PM | comments (x) | trackback (x) |
mini-ITXマシンの構築
PCの2段重ねww

 何やってんでしょうねボクは。

 液タブの運用環境を導入当初はメインPCの枠内で完結させようとして、色々な試行錯誤をして今に至るわけですが、まあやはり何事にも問題はつきものでして、使いやすくなったこともあれば当然使いにくくなったこともあります。
 利点が欠点を上回ればそれは「よかった」ことになり、欠点が利点を上回れば「よくなかった」事になってしまいます。
 板タブと液タブの環境を一つのPCに収めるというのは、割と無茶なことだとは思っていました。
 液タブ導入の時に「本来なら別にPCを用意するべき」と書いている通り、その方が板タブ、液タブの環境を分けられてスッキリします。
 ですが資金と資材と暇とやる気が当時はなかったので、板タブ・液タブ同居環境とすることにしました。

 今回は機が熟してきましたよ!。
 春は何故かPCを組みたくなってくる季節ですしね!!。
 ですが今回は大がかりなPC建造にはならないですね。
 むしろ小さいPCを組もうとしているのですから。

 ウチには余剰部品としてmini-ITXのマザーが何故かあるのを思い出したので、これを使ってサブPCを組んでみようと思い立ってしまいました。

 ・・・というか、メモリは余りがあるからとりあえず動かす分は問題ないし、SSDも何故かある。
 あとはmini-ITX用のケースとCPUとOSくらいですか。
 OSはひとまずXPで済ますという手もあるし、費用とりあえずケチって進めましょうか。

 毎回銀行口座残高とかキャッシュカードの上限金額とかとにらめっこしながらPCをなるべくよいスペックで作っているのですが、そもそも絵描きにはそんなにCPUパワーとかメモリとか要らないんじゃないのか?、とここ数年漠然と思っていました。
 パワーのあるマシンならそりゃ動作も速いでしょうけど、モノには限度っていうものがありますし、当然費用もかかります。
 絵描きにメモリ64GBとか全然使わないし、常備バカみたいにCPUパワーがかかるような絵を描いているわけでもないし、だいたいビデオカードだって上位グレードのものを選んでいるわけではないけど別段不都合はないわけでして。
 どのくらいの環境までならストレスなく描けるのかというのを今回のmini-ITXマシンで試してみようと思い立ったわけです。
 幸いにしてPC建造にかけられる費用がいつもより圧倒的に少ないわけですし(笑)。


続き▽
| ヲタク::PCとか | 06:36 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑