ろーてくしてぃぶろぐ::2009年03月
■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2009年03月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

絵描き試作品
割と大人しい画面構成っぽいくない気がしないこともないコマから飛び出す大迫力!(笑)
 年度末皆様いかがお過ごしでしょうか?。
 なんか去年も同じようなことを・・・。

 先週の続きで、今年の絵描きの方向性を考えていこうと言う事で。
 後先考えないで描いたために、画像サイズとか場面設定の問題とかで結局2枚組みということになってしまいました。
 1枚目(ちゅっちゅしてる方)はコマ内にキャラを収めてみたのですが、2枚目に関しても同じようにしようとしたところ、どうにも地味過ぎる画面構成になってしまったため、先週同様にキャラをコマ枠内から引きずり出して無理矢理大迫力画面にしてみました。
 かなり苦肉の策っぽい出来ですね。
 色々と。
 だいたい最初に計画したネーム(笑)通りになっちゃいねえし。
 これじゃネーム切った意味ねえー。
 人間突如変わることができるはずがまずないので、こうやって何かを変えていくためには少しずつ試行錯誤していくしかないのでしょうね。
 でも差分を完全に捨て去るのはなんとなしに忍びない気がするのですよね。
 実作業時間(コマ割りも通常CGと同じような作り方をするとかえって時間がかかるわけで)との問題も必ず出てくるはずですし。
 なんとか差分とコマ割りの協調路線を見出せないものでしょうか。


| ヲタク::絵描き | 10:21 PM | comments (x) | trackback (x) |
今年のスタイルを確立するために試行錯誤をば・・・
見た目同人誌+10%

 今月もそろそろ終わりそうな時期にさしかかりましたが。
 まきのです。

 今月も月頭から色々とありました。
 公私次元を問わずに。
 先週の始まり辺りからやっと(絵描き的な)時間が取れるようになったのですが、今度は床に臥せってしまい約2日程無駄に費やすこととなりました。

 その臥せっている間に「CLANNAD ~AFTER STORY~」略して余生(笑)を見ることとしました。
 余生では徹底して性的描写が排除されていますね。
 エロゲ原作なくせに。
 現実世界とか幻想世界とか街とかの解釈はそっちの人に任せるとして(そもそも原作やったことない人にはピンと来ないので)。
 前作でも確かサービスシーンなんかは普通にあったと思いましたが、余生に関してはキスシーンはおろか抱き合うシーンすらまともにないという事実に気づいたとき、これは一体誰向けのアニメなんだろうと途方に暮れそうになりました。
 子供生まれる話だってのに、この性描写排除の徹底ぶりとは・・・。
 制作側としては純粋にシナリオで勝負しようと思っているのかもしれません。だから余計なエロ描写や性描写などを排除しても作品となりうるという自信の表れなのかもしれません。
 逆にそこまで徹底して醜い・汚い(これについては語弊があると思いますが敢えて)描写を排除して、綺麗さ・清潔さ・潔癖さが目についてしまう人もいるのでしょうが、この辺はもはや好みの領域かと。
 もう主題歌聞いただけで泣けてきます。条件付け完成です。
 主題歌放送禁止です。
 だんごも禁止ーっ!!。
 堀口悠紀子は解禁ーっ!!!。


続き▽
| ヲタク::絵描き | 08:58 PM | comments (x) | trackback (x) |
生まれて初めて通販で同人誌買った
@めろんすげえ!

 先日知人(とろQ氏)が遊びに来た際に、去年の冬コミ~先月のサンクリまでに買った同人誌を見せてもらいました。
 そこで非常に有用な参考になるっぽい本を見つけたので、三十路を超えて生まれて初めて同人誌を通販で買うこととしました。
 栃木くんだりでは宇都宮のメロブで売ってなかったらもうオンラインくらいしか入手手段が・・・。あとまんだらけが(略。
 もうドッキドキです。

 というか、送料だけで本がもう1冊買えるくらいなんですね(500円だったか?)。
 だからって送料無料にするには1万円以上買わないといけないわけでして。
 なんか微妙な気が・・・。
 ところが。
 メロブには「@めろん」というサービスがあって、通販で購入したモノを最寄店舗で引き取れるという画期的なものです。
 もちろん配送にかかる費用はナシ(社内便で他の商品と一緒に運んでるだけだろうし)。
 つうわけで本日店舗にモノが来たというメールが来たので引き取りに。
 これまでメロブを過小評価してきた認識を変えざるを得ませんね。
 まあ、該当の本は虎とメロブで委託していたようですが、実際にはメロブでしか残っていなかったという事だったのですが。
 たかが500円。
 されど500円。


続き▽
| ヲタク::絵描き | 04:32 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑