ろーてくしてぃぶろぐ::2007年12月
■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2007年12月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
 

64bit化の価値は
これぞ無駄投資の典型例

 仕事納めご苦労様です。
 まきのです。

 最近知人どもが揃ってVistaを入れ始めているわけでして、斯く言うボクもそろそろ検討してもいい頃なのかなと思わずにはいられなくなりました。
 今年は大幅なメモリ安のために2GBクラスのメモリがあって、そこそこ(ここが微妙なのですが)のCPUパワーがあればVistaは思ったほど重くないよ~、等とfonthin氏が先日仰っていました。
 う~ん。
 とはいえ障害発生時や定期メンテナンス・システムの新規更新以外にOSを入れ替えるにはそれ相応の理由が必要だと思います。
 最近はそうでもありませんが、限りなく絵描き業務用システムに限りなく近い状況ではパフォーマンスよりも信頼性が重視されるわけですし、新OS導入にはそれ相応の問題も多く発生するわけです。
 信頼性を重視せざるを得ないのでどうしてもシステム構成でも保守的な思考になりがちです。
 まあこの傾向の人は信頼性重視というよりも「今の微妙に安定している動作環境を下手にいじりたくない(=不安定にしたくない)」という保守的というよりも面倒だからという側面もあるのかもしれません。だからといって消耗品の交換をも怠るというのはボク的には問題があるのではないかと思いますが。

 そんなわけでVistaに乗り換えるにしてもそれ相応の対価なり効果がないと意味がないと思うわけです。
 だいたい新OS導入なのだからタダでさえ時間がかかる作業だったりするわけで、その労力分だけでも入れた甲斐があったよなと思いたいですよね?。

 まあそれらを踏まえて、かつこのブログで散々無駄に勝手に熱く語ってきた絵描きPC最速理論的にいっても、もはややることはほぼ決まってます。

 64bit化。

 これしかないでしょう。
 そうだこれが市販PCレベルでの最後のフロンティアだ。


続き▽
| ヲタク::PCとか | 08:56 PM | comments (x) | trackback (x) |
バトンもらた。
 やっと絵が描けるようになってきた。
 12月になったら絵を描こう絵を描こうと念仏のように唱えていたわりには、イベントの準備やらなにやらでやっとエンジンがかかってきたのが先週末からだったりしてそろそろプラグの交換でもしたほうが良いのでしょうかねえ。

 と、いうことで。
 まさしん(えるめる堂)さんより「創作家さんにインタビューバトン」なるものをいただきました。
 う~n。
 ボクは創作というものを前世紀に置き忘れてきてしまったのでかなりアレなのですが(笑)。
 とはいえありがたいことです。

続き▽
| ヲタク::絵描き | 10:57 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑