■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017年11月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

3GBスイッチ。
わったしーはろまんてぃっく あーなーたもろまんてぃっく ひーざーしもろまんてっく
 生きてます。
 生きてません。

 しばらくぶりです。
 まきのです。
 まだおめおめと生き延びてます。


 さて、windows 2000/xpなどの32bitのシステムではユーザモードは2GBまでらしいので、PhotoShop等が使えるメモリ領域はOSが使うシステム領域を差し引いた残りの容量になるわけで、それがほぼ1.5GB程度らしいです。
 ウチの現在の環境でもCS2では1472MBとかその辺の値らしいですし。
 そもそもXPがサポートしている容量は4GBだったりしてたとえマザーボードが8GBまで対応していても2000/XP辺りでは4GBまでしか認識しないという事ですね。
 とりあえず今のマザーはスロット4基でしたので、一番安上がりな1GBのPC4300あたりを4本載せてみました。
 メモリは4GB積んでみましたが、相変わらずPhotoShopは2GBしか見てくれないわけで、もっともっと多くのメモリを見てほしいと思います。2GB以上メモリ領域にも振り向いてほしいですよね。
 そこで手っ取り早いのがOSを入れ替えればよいのです。
 Windows XP Professional x64 なんかの64bitのOSを導入すれば3GBまで使うことができますね。あと蛇足ですがWindows 2000 Advanced Serverとか Windows NT 4.0 Enterprise Editionでも3GBまで使うことができるようですね。
 まあでも64bit化には色々な障害(主に設備導入による多大なる費用の発生)が出てくるわけであって、安易に踏み込むことは難しいですね。
 そんなわけで折角メモリMAXにしているのにWindowsの仮想記憶程度にしか使われていないある意味死蔵していた残り2GBのメモリを少しでもPhotoShopで使えるようにしたいと思います。
 その救世主が 3GBスイッチ なわけです。
 なんだそのピ○ゴラスイッチみたいなのは。
 それは32bit版Windows(2000/XP Professional)でも2GB以上のメモリ領域をアプリケーションに使えるようにするための秘密の魔法。
 要はBoot.iniに"/3GB"と追加するだけらしいのです。
 すると2GBのユーザモードが3GBまで拡張され、それ以上がOSのカーネルモードに割り当てられるようですね。

 まあそんなわけで3GBスイッチ導入。
 ・・・起動中になんか怒られたぞ!。
 起動できねえじゃん。
 なんってこったい。
 仕方なくセーフモードでBoot.iniを戻して再起動。
 ダメじゃん動かないじゃん。
 調べてみると、起動時にドライバのメモリ割り当てが大きいものがあると(グラフィックカードなど)なんか問題が発生するっぽいらしいですね。よくわからんが。
 そこで仮想アドレス空間の調整を行う必要があるらしく、 /USERVAR というスイッチを設定します。
 とりあえずなんかここらで"/USERVAR=2800"とかいう値が載っていたのでそのまま流用。
 再びBoot.iniを書き換えて再起動。

 おお、動いた。
 見た目何も変わってないけど。

 PhotoShop CS2起動。
 メモリ使用量確認。
 おお、やった。

CS2でのメモリ状況

 2GB超えのメモリが割り当てられてる!。
 PhotoShopで使えるメモリは約2.4GBになってますね。

CS3の印刷は非常につかいにくい

 CS3では推奨範囲を無理矢理超えて使用してますが(笑)。

 とまあ高々500MB程度のメモリがPhotoShopで使えるかどうかの話なのですが、折角乗せたメモリを限りなく活用してみようという非常にしみったれたネタであることは否めない事実だったりしますね。
| ヲタク::PCとか | 09:58 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑